05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.07.02 (Wed)

ご無沙汰してます

ご無沙汰しちゃってます。

マロの調子ですが、薬を飲みながらですが、何とか発作が治まってます。
やっとやっと・・・です。長かった~~~!
でも、油断は出来ないので、マロを見つめている毎日ですが・・・

長老のジャスミン(もうすぐ14歳)も元気にしていますし、色々と病気をかかえているピア(13歳)も
何とか頑張ってくれています。

ミレイユが猫達の事は、守ってくれているんでしょうね・・・

私の体調は相変わらずですが、少しだけ前向きになってきました。
去年までに比べると、のぼせが随分と緩和されたような・・・
こちらも薬を飲みながらですが、何とか猫達の世話は出来ています。


7月は中旬に京都へ行きます。
心にある諸々を整理してきます。

書かないといけないと思いつつ、なかなか書き出せない毎日です。
このままBlogを残すかも考えています。

スポンサーサイト
EDIT |  20:54 |  nyans  | CM(2) | Top↑
2008.05.20 (Tue)

マロ (その後2)

マロ0520


今撮った写真・・・やっといたずらっ子の表情が出てきた。
発作が酷かったので、少し小さくなってしまったが、まだまだ太っている。
まだまだ頑張れる  私は、そう信じている。

EDIT |  16:13 |  nyans  | CM(4) | Top↑
2008.05.19 (Mon)

マロ (その後)

マロの現在の様子を書かせていただきます。

ご心配をおかけしましたが、薬の調整をしていただいたのが良かったようで
何とか発作の無い日を過ごしています。

メールをいただいた○さん。本当にありがとうございました。
情報をいただき、とても嬉しく思います。

まだまだ様子見の状態ですが、何とか元気ないたずらマロに戻ってくれると思っています。


EDIT |  20:53 |  nyans  | CM(0) | Top↑
2008.05.14 (Wed)

マロ

先週から、マロの発作がひどくなった。
レメディを使ったりして、何とか治まってくれているが、普通に歩けるまで4時間を要する日も
数日あった。

病院へ行き、先生に症状を詳しく話し、薬を追加してもらった。
まったく発作が起こらない訳ではないが、1日1回、1時間くらいの発作になってきた。
病院へ連れて行きたいのだが、状態を聞いた先生も「無理だろう・・・」と・・・

マロが気分良く過ごしてくれる様に夫婦で試行錯誤を繰り返している。
頑張ってくれる事を願いつつ・・・


EDIT |  16:27 |  nyans  | CM(0) | Top↑
2008.04.24 (Thu)

色々いろいろ・・・

 先日UPした色鉛筆画。チム部分がやっと描けたような・・・

chim0425



Blogを書いていない間に色々な事柄があった。
自分の覚えも含めて書いておく。

3月9日にピアが13歳を迎えた。
そのピアなのだが、お水を良く飲んで水分いっぱいのブツを吐く。
肝臓病、糖尿病(処方食治療)などある子なので、気になり病院へ連れて行った。
先生が喉の部分を触って診断・・・甲状腺の腫れがあると言われた。
血液検査をしても結果は同じだろうと言う事なのだが「甲状腺機能亢進症」の疑いが強い。

ネットなどで調べると、手術や投薬の処置が出てくる。
手術をしても術後の調子が良い事はまず無い事。投薬は黄疸が極端に出やすくなる事。
先生曰く1番の延命は、何もしない事・・・
私達夫婦は、ピアがこれからの余命を気持ち良く過ごしてくれるように努めたい。
と言っても普通の子と変わらず、充分に元気いっぱいで過ごしてくれている。



3月16日にミレイユの四十九日法要をお願いした。
お塔婆を立てていただき、骨壷と写真を持参した。
そのお塔婆の「一周忌」とかと書かれている部分に「放光」と書かれていた。
光となって、天へ昇ったのだろうと、妙に納得した自分がいた。
そして、法要後、お寺様からのお話を聞かせていただく。
私にとっては、とても貴重な心に残る言葉をいただけた。
今度は5月19日の百か日法要をお願いしようと思っている。

まだまだフッと寂しくなる時があるが、前を向いて歩いていこう。
きっとミレイユもそれを望んでくれているはずだから・・・

EDIT |  17:30 |  nyans  | CM(0) | Top↑
2008.02.17 (Sun)

初七日

お寺からいただいた予定表では、昨日(2月16日)が初七日だと書かれていた。
もう初七日なのかぁ・・・と思いながら、ミレイユがいた時と同じ毎日が続いている。
昨日は、お世話になった猫の病院へ・・・先生、奥様、○○ちゃんと○○ちゃんにお礼に伺った。

まだ2歳だった時、ミレイユは体調を崩し、夜間に病院へ走った。
病院のドアを開けた途端、先生がこう呟いた。「もう無理だと思う・・・」と・・・
キャリーに入る力も無く、私が抱きかかえるようにしていた。
毎日の通院が続き、5日目くらいから、やっと目に力が出てきた。

そして、2年前。
この時も体調は悪かった。尿検査をしても測定不能だった。腎不全末期の宣告を受けていた。
そして、ついに腎臓の機能が停止した。
人間も同じらしいのだが、腎臓の機能が停止してから75時間は生きられる。
少しでも腎臓の機能が残っていてくれたら、何とかなる。
そんな思いで24時間の点滴を受けていた。
でも、オシッコが作れなかった。
ずっと悪かった後ろ足も、まったく動かなくなってしまっていた。

ある方の言葉が心に残る。
「ミレちゃんは生まれた時にいただいた体をしっかり使い切ったんだね。」
本当に見事な生き方だったと思う。


ミレイユとの生活が無かったら、1時間をかけなければならない病院へ連れて行こうとは
思わなかっただろう。
ミレイユとの生活が無かったら、ダンボールに入ってゴミ置き場に捨てられた4匹の保護は
しなかっただろう。
私の人生において、ミレイユとの生活は、何にも変えがたい幸せだったのだろう・・・
でも、これからもずっと一緒です


そして今、私はミレイユの遺影を描こうと思っている。
1番ミレちゃんらしい凛とした姿の遺影を残してあげたい。


 可愛いお花をいただきました。ありがとうございます。m(__)m
お花3



ミレイユが亡くなって3日後の朝・・・
我が家のピラカンサスの実を食べにペアのメジロが来ていた。
「この世の楽園」かな?と思えた。
メジロ

EDIT |  21:10 |  nyans  | CM(0) | Top↑
2008.02.13 (Wed)

遺影

お友達がフォトフレームを送ってくれた。
「ミレちゃんのイメージで選んだんだけど・・・」と言ってもらえたのが
何よりも嬉しい。
きっと、ミレイユも喜んでいるだろうなぁ~

早速、ミレイユの写真選びをして、カメラ目線の写真にした。
私にとってのミレイユは、この写真のままの子です。

 素敵なフォトフレーム
ミレイユの写真


 全体的にこんな感じ・・・
写真2



晩年、ミレイユは2階の猫部屋で過ごしていた。
今でもその部屋に居る気配がある。
ミレイユの姿は見えないが、いつものように朝晩の湯たんぽを入れている。

亡骸と過ごした夜、浮かぶのは、ミレイユの晩年の姿だった。
お骨になって戻ってきてから、この家に来たばかりのミレイユが浮かぶ。
「ミレちゃんは、我が家の3匹目の子だったもんね。
ピアちゃんにシャーシャー言われながら、ピアちゃんの後ばっかりついていたもんね。」
毎日のようにミレイユに話しかけるのが、私の日課になっている。
そして、悲しい時は我慢せずに涙を出す・・・
まだまだこんな毎日だが、気持ちは不思議なくらい落ち着いている。

頑張り過ぎないで、時間の流れに身をまかせ・・・そんな風に考えられるようになった。
EDIT |  14:00 |  nyans  | CM(2) | Top↑
2008.02.11 (Mon)

小さくなって・・・

予約をしていた10時半からお葬式が始まり、11時に荼毘に付された。

そのお葬式の最中に心に響いた声があった。
「かあたん、お別れだね・・・」
そう、きっとこれはミレイユの声だと思う。
「ミレちゃん、お別れだね・・・ありがとう・・・」私は、そう答えるのが精一杯だった。

ミレイユは旅立ってしまった。

お骨上げをして骨壷を持つ。
「5kgもあったミレイユが、こんなに軽くなってしまった。」と、とうたんが呟いた。
私が持った時も、その軽さが寂しかったのだが・・・・車を走らせ、家へと向かう途中
その骨壷が、とても重く感じられた。
車を車庫に入れて、とうたんに持ってもらったら、やはり重いと言う。
不思議な骨壷は、今も重い。




 ミレイユのお葬式をお願いしたお寺  三仙院
お寺1


 待合室には囲炉裏
お寺2


 外には雪が残っていた
お寺3



 小さくなって戻ってきたミレイユ。お位牌も一緒に・・・
          
ミレイユ帰る



 綺麗なお花に囲まれて・・・

お花1


お花2




コメントをありがとうございます。
落ち着いたら、レスさせていただきます。
EDIT |  19:27 |  nyans  | CM(0) | Top↑
2008.02.10 (Sun)

ミレイユ

金曜日から体調が急変し、入院をしていましたが
今朝、眠るように息を引き取ったと病院から連絡がありました。

昨日、大雪の中、面会に行きましたが
いつものミレイユの可愛い顔でした。

最後まで頑張って生きてくれた事に感謝をしています。

ミレイユは、お世話になった先生達にお礼を言い
私達夫婦に別れの準備をさせ、見事に最後を締めくくってくれました。

明日、荼毘にふします。

今から病院へ迎えに行ってきます。

あの子は、どんな形になっても「我が家の宝」です。


応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。m(__)m
EDIT |  12:48 |  nyans  | CM(15) | Top↑
2008.02.05 (Tue)

調子を崩す

先週の金曜日(2月1日)の夜、マロが発作を起こした。
去年の夏から3度目・・・ウンチの中でグッタリしてヨダレを垂らしていた。
意識は朦朧としながらもあった。

日曜日(2月3日)に病院へ行き、話しをしてきた。
マロはどうしても連れて行けない。(前回は病院の帰りに車の中で発作を起こした。)
何とか対処法があれば・・・と思い、一応、ビタミン剤を貰ってきた。
朝晩と2錠を2回。
様子を見ながら、生活する毎日が続いている。

マロ達4兄妹(ユン、マロ、チャー、メイ)も今年で11歳。
何があっても不思議はない年齢になってしまった。
4匹共が一緒に暮らし、一緒に生きてこれたのは、ありがたいと思っている。

でも、まだまだ早いよ!まだまだみんなと一緒に暮らそうね!

私は諦めない




 今日のマロ・・・「ユンの背中に足をあげ・・・」

ユンの背中に足をあげ





闘病関係は、私の覚え書き。
そして、こちらも私の覚え書き。

 最初の書き出し

0205チョコ-1


 塗り込んで、こんな感じ

0205choco-2



EDIT |  16:41 |  nyans  | CM(8) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。