08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.02.08 (Thu)

腫瘍

先週の事なのですが、ポンを抱き上げた時に、左胸にある傷らしき物が指に触れました。
「何だろう?」と思い、毛を掻き分けて、小さな傷を見つけました。
ナナと遊ぶのが日課となっていましたので、ナナの爪が何かで怪我をしたんだろう・・・と
ふと思いましたが、どうしてだか、胸騒ぎがしました。
それから数日・・・その傷が少し大きくなっている事に気ずいた時、胸が痛みました。

とうたんに見せても、やはり「少し大きくなってない?」と言われました。
その傷は、円形5mmくらいのオデキのような物体です。

6日(火曜日)の午前中に病院へ連れて行きました。
「何か変な物があるんだけど・・・」と言う私の曖昧な説明に
先生も「う~ん、確かに変だよなぁ~・・・」と答えました。
そして、すぐに手術の予定表を持って来て、「なるべく早く取りたい。」と言われました。
「本当なら、今日から入院させたいんだけど、いっぱいなんだよなぁ・・・」と
困った表情で説明してくれました。
そして、10日(土曜日)が手術の日になりました。

「肥満細胞腫だと良いけど、骨肉腫の可能性もある。」と言われ
片腕をなくす可能性、予後3ヶ月くらいかも知れないとも聞かされました。
(後、1つ可能性の少ない腫瘍の名前を聞きましたが、覚えられませんでした。)

私の頭は真っ白になりましたが、自分がしっかりしなくてどうする!と
心を切り替えました。
猫は、飼い主の気持ちの変化に、とても敏感な動物です。
私がネガティブな気持ちの中に浸っている訳にはいきません。
『全身全霊』を込めて、ポンを見守ってやらないといけないと自分に言い聞かせました。

ポンと私達の生活は、まだ3ヶ月です。
一緒に暮らしてみて、家猫だった子が捨てられたのだろうと推測できる部分が多くあります。
やっと家の中で暮らせるようになり、やっと自分の居場所を見つけたんです。
私達夫婦もポンとまだまだ触れ合いたいと思っています。

土曜日の手術を先生にお願いして、私の出来る事を探しています。

0208pon.jpg



***ご訪問ありがとうございます。良かったらポチッと押してやって下さい。***
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ


スポンサーサイト
EDIT |  21:19 |  pon  | CM(4) | Top↑
こんなことって・・・・
びっくりしてしまいました。。。。
手術は明日なのですね。
骨肉種なんかじゃないことを、心より祈っています。
 
ポンちゃん、ポンちゃん、かわいいポンちゃん。
あなたはみんなに幸福と笑顔を運ぶ子なんだもの。
きっと大丈夫だからね・・。しっかりね。
nekoma-ma |  2007年02月09日(金) 15:40 | URL 【コメント編集】
>nekoma-ma様
優しい言葉をかけていただき、ありがとうございます。m(__)m
今日が手術なので、早起きしました。9時に出発です。

ポンは元気もあり、食欲もあり、他の猫達と何も変わらない状態です。
毛を掻き分けないと腫瘍も分からないくらい小さい物です。
(ここにあると分かってからでも、撫でるだけでは分かりません。)

我が家に来た時から何故か「福々ポンちゃん♪」と話しかけてきました。
nekoma-maさんから『幸福と笑顔を運ぶ子』だなんて言っていただくと
本当に嬉しいし、ありがたいです。(^.^)
早く帰って来てくれる事を願って、私も頑張ります!
かあたん |  2007年02月10日(土) 06:51 | URL 【コメント編集】
今読んでびっくりしました。
腫瘍が悪いものでないことを祈ります。

ポンちゃん、手術がんばって!
かあたんもお疲れが出ませんように。
パステル子 |  2007年02月10日(土) 08:19 | URL 【コメント編集】
>パステル子様
ご心配をかけてすみません。m(__)m
腫瘍は摘出出来ましたので、後は病理検査の結果です。
一生懸命にパワーを送っています。

う~ん、私の疲れたけど、そんな事は言ってられないもんね!
頑張りま~~す♪
かあたん |  2007年02月10日(土) 21:37 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。