08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.10.17 (Wed)

発作 その2

1017choco.jpg


やっとチョコの事を書こうと言う気持ちになりました。


【More・・・】




10月3日(水)朝にチョコが倒れました。(春から3度目です)
泣き声もなく、数秒前に見た時はナナと一緒に居た場所に
数秒後に横たわって体を固くしているチョコがいました。

心臓停止、呼吸なし、意識レベルなしの状態から蘇生を繰り返しました。
私の母が来ていましたが、母の目から見ても、私の目から見ても
『仮死状態』どころか『死体』のようにしか見えませんでした。
心臓マッサージを繰り返し、鼻の穴に人工呼吸をして
やっと息を吹き返すまで30分を要しました。
荒い息だけが戻り、意識はなく首も据わらない状態でした。
それから、チョコの体がガタガタと振るえ始め、毛布に包んで抱いていました。

急いで、とうたんへ状態を電話で伝えました。
とうたんの頭の中もチョコの事でいっぱいになり、お昼過ぎに早退して帰って来ました。
チョコの顔を見て涙を流します。
マイナスの要因はチョコに与えて欲しくないと思い、とうたんを制しました。

そして3時間・・・やっと意識を取り戻してくれました。
でも様子が変でした。まるで鳥のように顔を前へ出したり引っ込めたり・・・
「目が見えない?」と思い、目の前で色々と振ってみますが反応がありません。
大急ぎで病院へ電話して、連れて行きました。
(病院へ着いて先生に診ていただく頃には見えていたようです。)
あまりに酷い発作の場合、眼圧が一気に上がり、目が見えなくなる子がいるそうです。
電話でお話した時から、もし見えないようなら入院させて
点滴で眼圧を下げる予定を持っていてくれたようです。

検査の結果は、外注に出し、6日(土)結果が出ましたが
脳内に異常があるのだろうと言われました。
それから毎日投薬を続けています。
大きな音や他の猫が走り回るのでもストレスを感じるようなので
怖がらせないように生活しています。
CTなどの検査を受ければ、詳しい病名が分かるようですが
先生からは、対処法はあまり変わらないと言われました。
だから、検査を受けさせるつもりは今の所はありません。
チョコが負担に思わないように治療していく以外はないと思っています。

小さい時から「アレ?」と思う部分は、今になってみれば色々とありました。
独りで空に向かってキックを繰り返したり(これが軽い発作だったようです。)
ナナとは違い、あまり活発ではない仔猫でした。
のんびりしていると言うか、体も小さくてなかなか太らないし・・・
チョコなりに私達に信号を発していたのに、気付いてやれなかった後悔があります。

薬を飲みだしてまもなく、表情がなくなりました。
いつも能面のようにボッ~としている事が多くなりました。
現在は、少しづつですが、前のように甘えるようになり、チョコらしさが戻っています。

1ヶ月後に再検査です。

1017cats.jpg





5日間くらいの間に2匹が発作を起こし、私自身も精神的に参ってしまいました。
そして、どうしても気になる事があり、お墓参りに行きました。
当日は、チョコをケージに入れて(この中が落ち着くようです)後ろ髪引かれる思いで
出掛けました。
その間も心配して下さる方が居て、ありがたい事に色々と気にしていただきました。
東京への道中にも素敵な出会いがあり、少し精神的に落ち着いてきました。
そんな気持ちになった頃、不思議とチョコの表情が明るくなってきた気がします。
やっぱり、飼い主がしっかりしていないとダメですね。


まだまだ目が離せない状態ですので、Blogの更新も滞り気味になると思います。
どうぞ、よろしくお願い致します。m(__)m

スポンサーサイト
EDIT |  00:00 |  nyans  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。